消滅時効援用アドバイザー

時効   消滅時効援用  時効中断の相談


借金や、消費者金融の消滅時効の援用、 時効の中断、消滅時効の期間、消滅時効の援用の内容証明郵便

2017/12/18 12:13:37
スポンサード リンク スポンサード リンク
消滅時効 トップページ
消滅時効の中断
消滅時効の援用
消滅時効の期間
消滅時効のポイント
消滅時効の法律条文
内容証明郵便の書き方
ご利用について
相互リンク募集中

 内容証明郵便とは


内容証明郵便は、@どんな文面の内容の手紙を、Aいつ(確定日付)、だれが、だれに、出したかというこを、郵便局が証明してくれます。
また、配達証明を内容証明郵便につければ、B相手に、いつ配達されたのかも証明してくれます。通常は、内容証明は配達証明つきでだします。
相手に配達証明つき内容証明が配達されれば、「上記郵便物は○○年□月○日に配達されたのこれを証明します。」というハガキ(郵便物配達証明書)が、内容証明郵便の通知人に届きます。
上記のように、内容証明は、キチンと証拠になりますので、消滅時効の援用は、内容証明郵便ですることをお勧めします。


 内容証明郵便の書き方



◆内容証明は、20文字以内26行以内の制限があります。

◆縦書きでも、横書きでもいいです。

◆同じ文面の内容を3枚用意します。
 一枚が相手に郵送されます。
 もう一枚が、郵便局の控え、もう一枚を差出人に控えとして戻してもらえます。

◆文面には、通知人(ご自身)、非通知人(相手方)の氏名、住所を書きます。
 この文面に書いた同じ氏名、住所を封筒にも書きます。
 この通知人の住所に、内容証明の配達証明が郵送されてきます。

◆書いた内容証明の文面3枚は、封筒入れずに、郵便局に持ってきます。
 郵便局で、手続きの後、封筒に入れます。

◆内容証明は、紙が決まっているものではないので、市販の内容証明の紙をつかわなくてもいいです。一枚書いて、コピーするのもいいですし、ワードで文面をつくって3枚プリントアウトするのでもいいです。

◆内容証明の郵便代は、相手に送る文面が一枚の場合は、1220円です。

◆どこの郵便局でも出せるわけでありませんので、事前に確認しておきましょう。
 お近くの郵便局の検索はこちら


  消滅時効の法律条文

スポンサード リンク
消滅時効 消滅時効の中断 消滅時効の援用 消滅時効の期間



消滅時効援用アドバイザー Yahoo! JAPAN 登録サイトです







消滅時効援用アドバイザー





運営サイト
産業廃棄物許可ネット 離婚問題相談アドバイザー 不倫問題相談アドバイザー
不動産クーリングオフアドバイザー クーリングオフアドバイザー 遺産相続遺言相談センター
内容証明郵便アドバイザー 債権回収アドバイザー 消滅時効援用アドバイザー