離婚問題相談アドバイザー

離婚協議書作成離婚の慰謝料離婚相談

離婚協議書の書き方の相談、財産分与の相談、慰謝料請求の相談、子供の養育費の相談、子供の親権の相談、
面接交渉権の無料相談
2017/05/23 12:18:04
スポンサード リンク スポンサード リンク
無料相談
協議書の相談
協議離婚の相談
相談例
今までの相談案件
離婚の流れの相談
離婚協議書の書き方の相談
公正証書の作成の相談
子供の親権の相談
子供の監護権の相談
養育費の相場の相談
子供の養育費の請求の相談
養育費を支払わない約束
離婚の慰謝料請求の相談
財産分与の請求の相談
子供との面接交渉権の相談
面接交渉権の決め方の相談
離婚調停 審判離婚
離婚裁判 離婚訴訟
有責配偶者からの離婚請求
離婚したくない
回避したい
別居した場合について
離婚届けの書き方の相談
子供の戸籍
子供の姓
離婚届けの不受理申出
再婚禁止期間 嫡出の推定
内容証明郵便の書き方
公的補助について
探偵相互リンク
相互リンク
相互リンク募集中

  無料相談、離婚協議書のご相談は、こちら 



 嫡出の推定


嫡出子
嫡出子とは、婚姻関係にある男女間に出生した子のことです。

非嫡出子
嫡出子とは、婚姻関係にない男女間に出生した子のことです。

民法772条によって、 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定され、
婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定されます。

非嫡出子の場合は、父親に認知をしてもらわないと父親との間に法的な親子関係が生じません。


(嫡出の推定)
第772条  
妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。
2  婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。


 再婚禁止期間


女性の場合は、原則として離婚後6ヶ月を経過しなければ再婚することが出来ません。


(再婚禁止期間)
第733条  
女は、前婚の解消又は取消しの日から六箇月を経過した後でなければ、再婚をすることができない。
2  女が前婚の解消又は取消の前から懐胎していた場合には、その出産の日から、前項の規定を適用しない。


財産分与の相談 慰謝料請求の相談 子供の養育費の相場 調停の相談

子供の親権の相談 子供との面接交渉権 離婚届けの不受理申出 離婚裁判



全国対応で無料相談、協議書の作成の相談を受けています
 無料相談、協議書のご相談は、こちら 




離婚問題相談アドバイザー Yahoo! JAPAN 登録サイトです




その道のプロが、あなたをガイド。All About Japan 姉妹サイト、内容証明郵便アドバイザー
その道のプロが、あなたをガイド。「All About Japan」
紹介されております。










運営サイト
産業廃棄物許可ネット 離婚問題相談アドバイザー 不倫問題相談アドバイザー
不動産クーリングオフアドバイザー クーリングオフアドバイザー 遺産相続遺言相談センター
内容証明郵便アドバイザー 債権回収アドバイザー 消滅時効援用アドバイザー