不倫問題相談アドバイザー

浮気相手   不倫相手への慰謝料請求
不倫トラブルの示談書   合意書作成の相談


不倫、浮気相手への慰謝料請求、不倫問題、男女関係のトラブル相談、示談書の作成

  2017/10/17 18:37:20
不倫、不貞行為の定義
不倫の慰謝料請求の要件
不倫の慰謝料請求の流れ
不倫の慰謝料請求されている
不倫をやめるように警告する
ストーカー行為の警告
不倫の慰謝料の示談書
内縁関係の場合
不倫の慰謝料の相場
不倫問題のトラブル例
不倫されている夫、妻からの多い相談
不倫相手からの慰謝料請求
愛人契約のトラブルの相談
不倫問題で多い相談
不倫問題の相談例
参考条文 法律
内容証明郵便の書き方
探偵相互リンク
相互リンク集
相互リンク募集中


 不倫問題の参考法律条文


日本国憲法24条
婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
2 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。



公序良俗違反
第90条
 
公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。


錯誤無効
第95条  

意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。



詐欺取消し 強迫による取消し
第96条
 
詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。
2  相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消すことができる。
3  前二項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗することができない。



債権債務関係の損害賠償の範囲
第416条
 
債務の不履行に対する損害賠償の請求は、これによって通常生ずべき損害の賠償をさせることをその目的とする。
2  特別の事情によって生じた損害であっても、当事者がその事情を予見し、又は予見することができたときは、債権者は、その賠償を請求することができる。



贈与について
第550条  

書面によらない贈与は、各当事者が撤回することができる。ただし、履行の終わった部分については、この限りでない。



不法行為による損害賠償について
第709条  

故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。



精神的損害の賠償について
第710条
 
他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。



不法行為による損害賠償の消滅時効について
第724条  

不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする


スポンサード リンク



不倫の慰謝料の相場 不倫問題で多い相談 不倫問題のトラブル例

不倫の慰謝料請求の流れ 不倫の慰謝料の示談書 不倫の慰謝料の示談書






不倫問題相談アドバイザー Yahoo! JAPAN 登録サイトです







不倫問題相談アドバイザー





運営サイト
産業廃棄物許可ネット 離婚問題相談アドバイザー 不倫問題相談アドバイザー
不動産クーリングオフアドバイザー クーリングオフアドバイザー 遺産相続遺言相談センター
内容証明郵便アドバイザー 債権回収アドバイザー 消滅時効援用アドバイザー