債権回収アドバイザー

売掛金   貸金回収の方法 債権回収の内容証明

全国対応にて、 売掛金、貸金(個人間の貸し金)の回収、金銭トラブル、債権回収などの方法 相談
スポンサード リンク スポンサード リンク
債権回収 トップページ
最近多い相談例
債権回収の流れ
売掛金 貸金の回収計画
個人間の金銭トラブル
売掛金貸倒れの自己防衛
取引先の資金繰り
債権の上手な回収法
借用書の書き方
消滅時効とは
相殺の主張
債権譲渡
内容証明郵便の書き方
内容証明郵便の使い方
内容証明郵便が届かない
内容証明郵便を
出してはいけないとき
少額訴訟とは
民事調停とは
支払督促とは
即決和解
公正証書
ご利用について
相互リンク募集中

  売掛金 貸金の回収計画


 1 相手に資金がない

資金のない相手からは回収することは難しい。回収する方法を考える。


保証人→保証人に支払いをしてもらうように考える。

商品の引き上げ 商品を引き上げるときは、 相手に承諾書をもらってくること。後で、争いになるのを防止するためです。所有権が移転していれば、窃盗になりかねません。他の債権者とのトラブルにも注意です。

相殺と債権譲渡による回収   詳しくは、こちら

相手に資力ない場合は、早く法的措置(少額訴訟 支払督促)を取らなければ、破産などの手続きをとられれば、ほとんど回収することは、できないです。やはり、決断すべきことは、決断しないと、回収は難しいです。


 2 相手に資金はある

支払いが後回しになっている。理由はどういうものなのか。


@今は資金がないが、入金の見込みがあり、払うと言っている。
その場しのぎにされないためにも、キチンと書面で返済計画を立てること。
一番いいのは、公正証書にすることです。そこまでいかなくても、書面はつくること。
違約金などを決めておけば、返済がスムーズに行きやすくなります。


A他の取引先には、払っている。
自分のところには、支払わないのはなぜなのか?
催促が甘いのか、重要な取引先とは思われていないのか、足元を見られているのか、相手のことを良く考えて、対応しましょう。
ときには、分割案などもを示して、相手に払ってくれるようにもっていきましょう。
足元見られているのであれば、厳しく請求していくのも方法です。

内容証明郵便の書き方、出し方

スポンサード リンク
個人間の金銭トラブル 債権回収の流れ 借用書の書き方 消滅時効

公正証書 少額訴訟とは 民事調停 支払督促





債権回収アドバイザー Yahoo! JAPAN 登録サイトです



その道のプロが、あなたをガイド。All About Japan

姉妹サイト、内容証明郵便アドバイザー
その道のプロが、あなたをガイド。「All About Japan」
紹介されております。







債権回収アドバイザー





運営サイト
産業廃棄物許可ネット 離婚問題相談アドバイザー 不倫問題相談アドバイザー
不動産クーリングオフアドバイザー クーリングオフアドバイザー 遺産相続遺言相談センター
内容証明郵便アドバイザー 債権回収アドバイザー 消滅時効援用アドバイザー