遺産相続遺言相談センター

遺産相続の相談 公正証書遺言の書き方

遺産相続の相談 相続登記のための遺産分割協議書の作成 法定相続人の範囲、相続手続きの相談
相続放棄の手続き、代襲相続、遺留分のご相談などの相続問題の相談
遺産分割協議書の作成、公正証書遺言、自筆証書遺言の作成、相続問題(遺贈、死因贈与契約)の相談

2017/10/20 17:53:11
スポンサード リンク スポンサード リンク
トップページ
遺産相続遺言相談センター
無料相談
相談の多い質問例

法定相続分 法定相続人
相続の遺留分 
遺留分減殺請求権
相続廃除
相続欠格 相続欠格事由
単純承認
限定承認 相続放棄手続き
代襲相続 代襲相続人
特別受益
寄与分
遺産分割の方法
遺産分割協議書

公正証書遺言 遺言の種類
遺言を書くメリット
遺言できること
遺言の取消し
遺言が二つみつかった場合
遺言は、いつでも取消すことができまる
相互リンク募集中

  遺産相続、遺言の無料相談は、こちらです 


 相続の単純承認 単純相続

単純承認とは
被相続人(亡くなった人)のすべてを相続する(プラス財産も、マイナス財産も)というものです。
被相続人(亡くなった人)のプラス財産(預金など)とマイナス財産(借金)を無制限に相続するというものです。多額の借金があれば、相続人が自腹をきって払わなければなりません。
 


単純承認は、各相続人が単独でできます。


 相続の限定承認 限定相続

限定承認とは

被相続人のプラス財産(預金など)の範囲内で、マイナス財産(借金)を相続するというものです。いわば、条件付の相続といえるものです。

後で、実は多額の借金があった場合でも限定相続しておけば、相続財産のプラス財産 (預金など)の範囲内で支払えばいいので相続人が自腹をきることはしなくていいです。

限定承認は、相続人全員が足並みをそろえて、相続人全員で限定承認しなければいけません。各相続人が、単独ではできません。



限定承認、相続放棄の仕方
相続開始を知ったときより、三ヶ月以内に家庭裁判所に届けます。
三ヶ月を過ぎると、単純承認したものとされてしましますので注意してください。


相続放棄の場合は、各相続人が単独で、限定承認の場合は、相続人全員でします。

注意点
気をつけるのは、三ヶ月過ぎなくても相続人が財産の処分したりすれば、単純承認とされます。
また、限定承認、相続放棄をしても、相続財産の一部を消費したり隠したりすれば単純承認とされます。



 相続の放棄 相続放棄

相続の放棄とは
すべての財産を相続しないというものです。

相続放棄は、各相続人が、単独でできます。

相続放棄は、代襲相続にはなりません。
代襲相続とは

限定承認、相続放棄の仕方
相続開始を知ったときより、三ヶ月以内に家庭裁判所に届けます。
三ヶ月を過ぎると、単純承認したものとされてしましますので注意してください。


相続放棄の場合は、各相続人が単独で、限定承認の場合は、相続人全員でします。

注意点
気をつけるのは、三ヶ月過ぎなくても、相続人が財産の処分したりすれば、単純承認とされます。
また、限定承認、相続放棄をしても、相続財産の一部を消費したり、隠したりすれば単純承認とされます。


法定相続人 代襲相続 遺留分減殺請求

寄与分 特別受益 相続放棄手続き


 相談の多い相続問題の相談例


遺言とちがう遺産分割は有効なのか

法定相続分に反する遺言は有効なのか

法定相続分とちがう遺産分割は有効なのか

胎児は相続できるのか

養子は、実の親と養親を相続できるのか

借金は相続しなければいけないのか

遺産分割協議では、親は未成年の子を代理することができません

非嫡出子の相続分は半分になる

内縁の妻は相続できるのか

遺言書を見つけたときは、どうするのか






運営サイト
産業廃棄物許可ネット 離婚問題相談アドバイザー 不倫問題相談アドバイザー
不動産クーリングオフアドバイザー クーリングオフアドバイザー 遺産相続遺言相談センター
内容証明郵便アドバイザー 債権回収アドバイザー 消滅時効援用アドバイザー