遺産相続遺言相談センター

遺産相続の相談 公正証書遺言の書き方

遺産相続の相談 相続登記のための遺産分割協議書の作成 法定相続人の範囲、相続手続きの相談
相続放棄の手続き、代襲相続、遺留分のご相談などの相続問題の相談
遺産分割協議書の作成、公正証書遺言、自筆証書遺言の作成、相続問題(遺贈、死因贈与契約)の相談

2017/10/20 17:43:47
スポンサード リンク スポンサード リンク
トップページ
遺産相続遺言相談センター
無料相談
相談の多い質問例

法定相続分 法定相続人
相続の遺留分 
遺留分減殺請求権
相続廃除
相続欠格 相続欠格事由
単純承認
限定承認 相続放棄手続き
代襲相続 代襲相続人
特別受益
寄与分
遺産分割の方法
遺産分割協議書

公正証書遺言 遺言の種類
遺言を書くメリット
遺言できること
遺言の取消し
遺言が二つみつかった場合
遺言は、いつでも取消すことができまる
相互リンク募集中

  遺産相続、遺言の無料相談は、こちらです 


 遺産分割協議書

遺産分割協議書は、必要になる
遺産分割協議書は、遺言などがない場合は、不動産を相続登記するときに必要になります。

遺産分割協議は、相続人全員で話し合います。
遺産分割協議が、話し合いでまとまらなければ、調停、審判ということになります。 



遺産分割協議書をつくるメリット
@後日の争いの防止
A新たな遺産が見つかったときの方法を決めておく


@について
後々、「あのときはどうだった」、「いや、こうだった」と言うふう、親族間で紛争になりかねません。
キチンと書面にしておくことが、後々の争いの防止になります。

Aについて
新たな遺産が見つかったとき、また遺産分割の話し合いをするのは、なにかと大変です。忙しい中を、また相続人全員が集まって時間を使って気まずい思いをすることになりかねません。
遺産分割協議書に「新たな遺産が見つかった場合は、妻がこれを取得する」というような文言があれば、新たな遺産が見つかっても、気が楽です。
キッチリ話し合いをしたいうのであれば、「相続人全員であらためて協議する」と書くのがおすすめです。


遺産分割協議のポイント
遺産分割協議は、相続人(包括受遺者を含む)全員でしないと、一部の相続人、包括受遺者を除いたして、遺産分割協議は無効になります。
また、一度した遺産分割協議は、原則としてやり直しがききませんので注意しましょう。


また、相続人に未成年者がいる場合には、法定代理人(親)と未成年者の利益が対立する場合には、法定代理人(親)が、未成年を代理することはできません。親と子供の利益が対立して、適切な代理が期待できないからです。
このような場合は、家庭裁判所に特別代理人を選任してもらわなければいけません。


遺産分割協議書を作成の仕方
書き方は、自由です。手書きでも、ワープロでもいいです。
誰が、どの財産を相続するのかを明確に書きましょう。不動産の場合は、登記簿謄本(全部事項証明)の記載どおりに書きましょう。新たな遺産が見つかったときの方法を決めておきましょう。
各相続人が、署名、押印します。キチンと署名は自署してもらうこと。印鑑は実印がいいです。
遺産分割協議書は相続人の人数分つくること。各自、一通づつ保管するのが、争いの防止に役立ちます。


法定相続人 代襲相続 遺留分減殺請求

寄与分 特別受益 相続放棄手続き


 相談の多い相続問題の相談例


遺言とちがう遺産分割は有効なのか

法定相続分に反する遺言は有効なのか

法定相続分とちがう遺産分割は有効なのか

胎児は相続できるのか

養子は、実の親と養親を相続できるのか

借金は相続しなければいけないのか

遺産分割協議では、親は未成年の子を代理することができません

非嫡出子の相続分は半分になる

内縁の妻は相続できるのか

遺言書を見つけたときは、どうするのか






運営サイト
産業廃棄物許可ネット 離婚問題相談アドバイザー 不倫問題相談アドバイザー
不動産クーリングオフアドバイザー クーリングオフアドバイザー 遺産相続遺言相談センター
内容証明郵便アドバイザー 債権回収アドバイザー 消滅時効援用アドバイザー