遺産相続遺言相談センター

遺産相続の相談 公正証書遺言の書き方

遺産相続の相談 相続登記のための遺産分割協議書の作成 法定相続人の範囲、相続手続きの相談
相続放棄の手続き、代襲相続、遺留分のご相談などの相続問題の相談
遺産分割協議書の作成、公正証書遺言、自筆証書遺言の作成、相続問題(遺贈、死因贈与契約)の相談

2017/10/20 17:52:02
スポンサード リンク スポンサード リンク
トップページ
遺産相続遺言相談センター
無料相談
相談の多い質問例

法定相続分 法定相続人
相続の遺留分 
遺留分減殺請求権
相続廃除
相続欠格 相続欠格事由
単純承認
限定承認 相続放棄手続き
代襲相続 代襲相続人
特別受益
寄与分
遺産分割の方法
遺産分割協議書

公正証書遺言 遺言の種類
遺言を書くメリット
遺言できること
遺言の取消し
遺言が二つみつかった場合
遺言は、いつでも取消すことができまる
相互リンク募集中

  遺産相続、遺言の無料相談は、こちらです 


 寄与分(きよぶん)

寄与分とは
相続人の中に、被相続人(亡くなった人)の財産に貢献した人がいる場合に、これを無視して相続分を計算するのは不公平になります。
そこで寄与分を相続財産から除いて計算します。



具体的には
被相続人(亡くなった人)には、奥さんと、長男と次男がいるとします。
長男と奥さんは、被相続人(亡くなった人)の商売を手伝い、500万円ずつの寄与分、合計1000万円の寄与分があるとします。
そして、遺産が、2000万円だった場合、2000万円から1000万円ひいた、1000万円を分割する相続財産として、遺産分割します。
これを、法定相続分でわけると、奥さんが二分の一の500万円、長男が四分の一の250万円、次男が四分の一の250万円となります。
しかし、ここで、奥さんが寄与分の500万円を足した1000万円、長男が寄与分の500万円を足した750万円をうけとります。寄与分を最後に上乗せします。


法定相続分

寄与分の決め方

相続人同士の話し合いによります。
しかし、話し合いがまとまらない場合は家庭裁判所の調停になります。


特別受益


法定相続人 代襲相続 遺留分減殺請求

寄与分 特別受益 相続放棄手続き


 相談の多い相続問題の相談例


遺言とちがう遺産分割は有効なのか

法定相続分に反する遺言は有効なのか

法定相続分とちがう遺産分割は有効なのか

胎児は相続できるのか

養子は、実の親と養親を相続できるのか

借金は相続しなければいけないのか

遺産分割協議では、親は未成年の子を代理することができません

非嫡出子の相続分は半分になる

内縁の妻は相続できるのか

遺言書を見つけたときは、どうするのか