遺産相続遺言相談センター

遺産相続の相談 公正証書遺言の書き方

遺産相続の相談 相続登記のための遺産分割協議書の作成 法定相続人の範囲、相続手続きの相談
相続放棄の手続き、代襲相続、遺留分のご相談などの相続問題の相談
遺産分割協議書の作成、公正証書遺言、自筆証書遺言の作成、相続問題(遺贈、死因贈与契約)の相談

2017/04/30 12:14:13
スポンサード リンク スポンサード リンク
トップページ
遺産相続遺言相談センター
無料相談
相談の多い質問例

法定相続分 法定相続人
相続の遺留分 
遺留分減殺請求権
相続廃除
相続欠格 相続欠格事由
単純承認
限定承認 相続放棄手続き
代襲相続 代襲相続人
特別受益
寄与分
遺産分割の方法
遺産分割協議書

公正証書遺言 遺言の種類
遺言を書くメリット
遺言できること
遺言の取消し
遺言が二つみつかった場合
遺言は、いつでも取消すことができまる
相互リンク募集中

  遺産相続、遺言の無料相談は、こちらです 


 遺言の取消しの方法

取り消すことは自由
遺言を取り消すのは、簡単です。相手の同意も、いりません。遺言する人の気持ちが変われば、自由に取り消せます。

新しい遺言を書けばいい
遺言は、新しい遺言が優先されます。
よって、新しい遺言で、「古い遺言を取り消す。」と書けば、古い遺言は、取り消されたことになります。

二つの遺言が矛盾する場合は
また、新しい遺言と古い遺言とが抵触する場合は、古い遺言が新しい遺言に抵触する範囲で取り消されたことになります。

注意
抵触により取り消されるのは、抵触した部分のみです。


抵触の具体例
古い遺言で、車を息子に相続させると書いていて、新しい遺言でその車を娘に相続させるかけば、遺言が抵触しており、古い遺言が取り消されたことになります。

新しい遺言をするのが面倒な場合は、遺言を破毀すれば、取り消されたことになります。

遺言の書き方


法定相続人 代襲相続 遺留分減殺請求

寄与分 特別受益 相続放棄手続き


 相談の多い相続問題の相談例


遺言とちがう遺産分割は有効なのか

法定相続分に反する遺言は有効なのか

法定相続分とちがう遺産分割は有効なのか

胎児は相続できるのか

養子は、実の親と養親を相続できるのか

借金は相続しなければいけないのか

遺産分割協議では、親は未成年の子を代理することができません

非嫡出子の相続分は半分になる

内縁の妻は相続できるのか

遺言書を見つけたときは、どうするのか






運営サイト
産業廃棄物許可ネット 離婚問題相談アドバイザー 不倫問題相談アドバイザー
不動産クーリングオフアドバイザー クーリングオフアドバイザー 遺産相続遺言相談センター
内容証明郵便アドバイザー 債権回収アドバイザー 消滅時効援用アドバイザー